ノコギリヤシとは

138403

ノコギリヤシとは北米やメキシコに自生するヤシ科の植物で、ネイティブアメリカンたちは果実をスタミナ食として食べていました。
また中国では漢方、ヨーロッパではハーブとして利用しました。
ノコギリヤシの研究は進められており、日本では果実を食べることはできませんが、抽出したエキスをサプリメントにしえ販売しています。
果実にはステロールやオクタサノールという有効成分が含まれており、これらはホルモンバランスを整える効果があります。
よって前立腺肥大の治療に効果的です。前立腺は尿道を包み込む位置にある臓器で、加齢によってホルモンバランスが崩れると肥大化します。
前立腺肥大では頻尿などの排尿障害が起こります。ノコギリヤシは5αリダクターゼという分解酵素の働きを抑制することで、症状の進行を防ぎます。
また育毛剤の有効成分でもあります。
5αリダクターゼはジヒドロテストステロンという脱毛を促進する男性ホルモンを生成するので、5αリダクターゼに働きかけることで抜け毛を予防します。
ノコギリヤシの1日の摂取量は200~320mgで、ビタミンEや亜鉛と一緒に摂取するとより効果的です。
前立腺肥大は2ヶ月、脱毛症は半年~1年継続して摂取すれば改善されるケースが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です