どういった人がノコギリヤシを利用するのか

138407

ノコギリヤシは、ヤシ科のハーブの一種で、欧米では排尿障害の治療に古くから使われてきました。
この果実の油性成分が、加齢によって過剰になった男性ホルモンを整え、前立腺肥大症、前立腺炎、そして夜間多尿症を改善すると言われています。
実際、複数の研究結果でも、前立腺肥大症の症状の改善が見られ、夜間トイレに行く回数が減る、尿流が良くなる、排尿時の痛みが軽減するということが報告されています。
ノコギリヤシは、前立腺肥大症に使われる治療薬であるフィナステリドに似た効果をもたらすと言われているので、排尿障害で悩んでいる男性にとっては、大きな救いとなります。
この他にも、抜け毛予防と育毛効果があるので、薄毛対策として摂取することも可能です。
このように見ると、摂取対象は男性のように思われますが、実は女性にも摂取するメリットはあります。
ノコギリヤシは、男性ホルモンを整える働きがあるので、女性の体内でも分泌されている男性ホルモンを減少させ、女性ホルモンの分泌を活性化させます。
それによって、女性らしい体型になる、生理不順が改善するといった効果を得ることできます。
ただし、過剰摂取は逆にデメリットをもたらしますので、気を付ける必要があります。
年を重ねるとホルモンバランスはどうしても乱れがちになりますが、サプリメントを上手く利用し、快適な生活を送りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です