ノコギリヤシを摂取するならサプリメントが便利

ノコギリヤシを普通に摂取しようと考えたときにどうやって摂取したら良いのか考えると思います。
まずノコギリヤシは普通に売っていませんのでそうなるとサプリメントなどで摂取することになると思います。

サプリメントなら効率よく摂取できるというのもありますし便利なのではないでしょうか。

ではノコギリヤシのサプリメントならなんでも良いのかというとそんなことはありません。

当然品質なども商品によって違いますからそのあたりはチェックしておく必要があります。

あとは商品によってどういった方向けに作られているのかも違います。

たとえば、育毛系ならノコギリヤシ以外にも亜鉛などが配合されていたりします。

ですからどういった方向けなのかというのも見ておく必要があります。

こういった特徴別にみていろいろ比較して選ぶと良いと思います。

こちらのノコギリヤシサプリ比較でいろいろ紹介しているので興味のある方はみてみてはどうでしょうか。

ノコギリヤシと育毛の関係

138401

“育毛剤の多くに含まれる成分の一つにノコギリヤシがあります。含まれるということは、育毛に何らかの関係があるからのはず。
そこでノコギリヤシと育毛の関係関係について説明します。
ノコギリヤシには男性ホルモンを抑える作用があります。
抑えるとは言ってもプロペシアのような医薬品ではないので、その効果はマイルドですが、DHTを抑えることが非常に重要になってくるのです。
というのは中年以降の男性の薄毛や抜け毛の悩みの多くを支配するのがAGAです。
このAGAは男性ホルモンの亜型であるDHTが過剰発生することで、ヘアサイクルが乱れて薄毛が進む症状です。
つまりノコギリヤシによってこの増えすぎた男性ホルモンを抑制することで、ヘアサイクルの乱れを正し、発毛に適した頭皮環境へ導くというのです。

裏を返せば、男性ホルモンの過剰が原因でない薄毛の場合、効果が期待できないということです。
円形脱毛症や女性の抜け毛などの場合はDHTの過剰発生が原因ではないので、この成分で男性ホルモンを抑えても薄毛の改善は見込めないのです。
その場合は免疫機能を正常化する成分や、血行を促進する成分を使うべきなのです。

また、男性ホルモンを抑えることはできても、発毛効果を直接期待はできません。そのため発毛もしたいなら、他の成分も使用する必要があります。”

ノコギリヤシの副作用

138399

ノコギリヤシは、ホルモンバランスを整えるハーブで、植物由来の安全性の高いサプリメントです。重篤な副作用については、報告がありません。

「精力が減退する副作用があった」と感じられる方もおられるようですが、それは、ホルモンバランスが整えられた結果で、副作用ではない、とされています。

ノコギリヤシには、過剰に分泌された男性ホルモンを抑制する働きがあるため、性欲の強い方には、精力を抑え、性欲の無い方には、精力をつける、という効果があります。「滋養強壮」という、万人に受け入れられる成分です。

女性の更年期障害と同じくらいの年代の男性が悩まされる、「前立腺肥大」や、「抜け毛」は、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンが過剰に分泌されることで引き起こされますが、ノコギリヤシは、このジヒドロテストステロンの分泌を抑え、ホルモンバランスを整える効果があるとされています。

古代からアロマテラピーなどの植物療法を取り入れているヨーロッパでは、ノコギリヤシのエキスを配合した育毛剤など、塗り薬として定着しており、また、北アメリカでは、先住民族の時代から、滋養強壮効果のある植物として食用されてきました。

化学的に合成された薬ではなく、天然成分由来の植物性のサプリメントのため、安全性が非常に高いと言えます。

どういった人がノコギリヤシを利用するのか

138407

ノコギリヤシは、ヤシ科のハーブの一種で、欧米では排尿障害の治療に古くから使われてきました。
この果実の油性成分が、加齢によって過剰になった男性ホルモンを整え、前立腺肥大症、前立腺炎、そして夜間多尿症を改善すると言われています。
実際、複数の研究結果でも、前立腺肥大症の症状の改善が見られ、夜間トイレに行く回数が減る、尿流が良くなる、排尿時の痛みが軽減するということが報告されています。
ノコギリヤシは、前立腺肥大症に使われる治療薬であるフィナステリドに似た効果をもたらすと言われているので、排尿障害で悩んでいる男性にとっては、大きな救いとなります。
この他にも、抜け毛予防と育毛効果があるので、薄毛対策として摂取することも可能です。
このように見ると、摂取対象は男性のように思われますが、実は女性にも摂取するメリットはあります。
ノコギリヤシは、男性ホルモンを整える働きがあるので、女性の体内でも分泌されている男性ホルモンを減少させ、女性ホルモンの分泌を活性化させます。
それによって、女性らしい体型になる、生理不順が改善するといった効果を得ることできます。
ただし、過剰摂取は逆にデメリットをもたらしますので、気を付ける必要があります。
年を重ねるとホルモンバランスはどうしても乱れがちになりますが、サプリメントを上手く利用し、快適な生活を送りたいものです。

ノコギリヤシとは

138403

ノコギリヤシとは北米やメキシコに自生するヤシ科の植物で、ネイティブアメリカンたちは果実をスタミナ食として食べていました。
また中国では漢方、ヨーロッパではハーブとして利用しました。
ノコギリヤシの研究は進められており、日本では果実を食べることはできませんが、抽出したエキスをサプリメントにしえ販売しています。
果実にはステロールやオクタサノールという有効成分が含まれており、これらはホルモンバランスを整える効果があります。
よって前立腺肥大の治療に効果的です。前立腺は尿道を包み込む位置にある臓器で、加齢によってホルモンバランスが崩れると肥大化します。
前立腺肥大では頻尿などの排尿障害が起こります。ノコギリヤシは5αリダクターゼという分解酵素の働きを抑制することで、症状の進行を防ぎます。
また育毛剤の有効成分でもあります。
5αリダクターゼはジヒドロテストステロンという脱毛を促進する男性ホルモンを生成するので、5αリダクターゼに働きかけることで抜け毛を予防します。
ノコギリヤシの1日の摂取量は200~320mgで、ビタミンEや亜鉛と一緒に摂取するとより効果的です。
前立腺肥大は2ヶ月、脱毛症は半年~1年継続して摂取すれば改善されるケースが多いです。